ダイビングショップ【イーズ】のおすすめメニュー

沖縄ダイビングショップ【イーズ】が、今シーズンおすすめするメニューはこちら!沖縄本島のリゾートエリアから最も近いケラマダイビングツアーがイチ押しです。

ケラマダイビングビギナーズプラン

ダイビング初心者の方でも安心してファンダイビングにトライできるビギナーズプランは、器材レンタル料も込みの2ダイブでなんと13,650円とお得!

ケラマ体験ダイビング2ダイブ ease

せっかくの沖縄旅行、体験ダイビングは抜群の透明度を誇るケラマで決まり!美しいケラマブルーに包まれながら、ウミガメと一緒に泳げるチャンスがあるかも?!

エンリッチドエア・ダイビング

減圧症や窒素酔いのリスクを軽減できるエンリッチドエア・ダイビング、あなたはもう体験しましたか?今なら「お試しか!キャンペーン」実施中です。

エンリッチドエアってなに?
沖縄本島ボートダイビングビギナーズプラン

沖縄本島の人気ダイビングポイント、青の洞窟や砂辺を潜ってみたい初心者ダイバー、ブランクダイバーの方はお得なビギナーズプランで安心ダイビング

アドバンス+エンリッチド・エアSPコース

イーズのダイビング&カヤックツアー

沖縄本島ファンダイビング ケラマファンダイビング

沖縄体験ダイビング 沖縄マングローブカヤック

お客様と沖縄の海の日記

沖縄本島西海岸ボートファンダイビング 8/28

2016/08/28更新

迷走台風には困ったもんです。 関東のみなさま、十分にご注意ください。...

ダイビング・スタイル

ダイビングショップイーズは、少人数制を基本としてプライベートを重視し、安全に安心してご参加いただけるダイビングガイドを心がけております。
お客様と海の日記(ダイビングログ)においてもご紹介しておりますが、ダイビングツアーは各コース、毎日1名様より催行しております。
グループの方はもちろん、一人旅の方もどうぞお気軽にご利用ください。

弊社のスタッフは、全員が高い信頼と教育水準で知られるダイビング認定団体「PADI」のインストラクター資格を有しております。
お客様からのお問い合わせにつきましても、ダイビングインストラクターが直接お答えいたします。
ご不明な点やご心配なことなどございましたら、お気軽にお寄せください。

ダイビングに関するお問い合わせは、お電話かお問い合せフォームをご利用頂けます。

おすすめ沖縄ダイビングツアープラン

ボートダイビングポイント 出港場所 ゲスト:スタッフ人数比(最大)
ケラマ諸島周辺 沖縄本島中部 ファンダイビング5:1
体験ダイビング2:1
ケラマダイビングツアーでウミガメと記念撮影!

ケラマダイビングツアーは、恩納村リゾート地区にご宿泊の方には特におすすめのツアーです。
沖縄本島からケラマ諸島に向かうダイビングボートの中では、恩納村リゾート地区に最も近い港(嘉手納町)から出港しますので、アクセスが良く、沖縄名物の大渋滞に巻き込まれる心配もございません!
せっかくのリゾートホテルでの朝の貴重なお時間を、渋滞続きの長い運転に費やすことなく充実のリゾートライフを!

ダイビングボートは、定員設定に余裕をもったクルーザー(シャワー・トイレ完備)なので、ダイビングポイントまでのボート移動も楽々です。

丸1日たっぷり遊びに出かけましょう!

ボートダイビングポイント 出港場所 ゲスト:スタッフ人数比(最大)
沖縄本島西海岸 沖縄本島中部 ファンダイビング5:1
体験ダイビング2:1
おもなダイビングポイント:真栄田岬/青の洞窟/残波岬/遺跡/クマノミパラダイス/万座ドリームホール/山田/ホーシュー
沖縄本島ボートダイビングで万座ドリームホールにチャレンジ!

沖縄本島西海岸には、南は宜野湾市から北は恩納村にかけて合計20ヵ所以上のダイビングポイントが点在しています。
この広いエリアと多数のダイビングポイントをカバーするために、自社ボートと提携ボートの乗り分けをおこなうことで、お客様の多様なリクエストにお応えしております。

どちらのダイビングボートもポイント到着までに片道5~20分の移動時間なので、初めてボートダイビングにトライされる方や、乗り物酔いに不安をお持ちの方にもお気軽にご参加いただけます。

表情豊かなダイビングポイント満載の沖縄本島ボートダイビングもお見逃しなく!

ビーチダイビングポイント ゲスト:スタッフ人数比(最大)
真栄田岬&砂辺 ファンダイビング5:1
体験ダイビング3:1
沖縄ビーチダイビングで砂辺のソフトコーラルを見よう!

ダイビングショップイーズのホームグラウンドは、沖縄本島中部の有名ビーチポイントである真栄田岬と砂辺です。
ショップ近くのダイビングポイントだけあってスタッフがここを潜る本数は数知れず・・・
各々見ものをご用意してお待ちしております。

スタッフイチ押しの早朝ダイビングでは、沖縄本島でこんな生物が見られるなんて!こんな風景を見られるなんて!と毎日のように潜っている海でも新しい発見に出会えることも魅力の一つ。

時には早起きして、朝日を浴びつつエントリーなんていうダイビングもいいものですよ。