沖縄本島ビーチファンダイビング(砂辺・真栄田岬など)

沖縄本島ビーチファンダイビングは、砂辺真栄田岬などの人気のダイビングポイントをご案内しております。Cカードを取得したばかりの初心者の方から、お目当てのハゼやウミウシなどの写真撮影を楽しみたい方まで、お客様のご希望に合せてダイビングポイントを選択します。

沖縄に到着された当日の参加も可能です。

ビーチファンダイビングは、午前・午後コース分かれていますので、ご都合の良い時間帯をお選び下さい。

ファンダイビングに初めて参加される方にもおすすめです。

砂辺NO.1ビーチ -北谷町-

沖縄本島のダイビングポイント:砂辺NO.1ビーチ
沖縄本島のダイビングポイント:砂辺NO.1ビーチ

沖縄本島のダイビングポイント:砂辺NO.1ビーチ
ソフトコーラルの群生が見事な沖縄本島屈指のダイビングポイント。
200mおきに海に入るための階段(10段くらい)が設けられている。
階段を降りてすぐの背の立つくらいの浅場には、ルリスズメダイやツノダシが目に入る。
岩場を注意しながら進むとモンツキカエルウオが顔を出していたり、水温が低い時期はウミウシも多く見られる。

沖には水深4~25mのドロップオフがあり、棚の上にはソフトコーラルが広がり、
スズメダイやグルクマが群れ、水底に広がる砂地にはハゼの住み家が点在。
透明度のよい日はソフトコーラルの色が映え、カラフルな絨毯のように見える。

那覇市から車で国道58号を北へ約40分   
 

真栄田岬~青の洞窟~ -恩納村-

沖縄本島のダイビングポイント:真栄田岬~青の洞窟~
沖縄本島のダイビングポイント:真栄田岬~青の洞窟~
沖縄本島のダイビングポイント:真栄田岬~青の洞窟~
沖縄本島のダイビングポイント:真栄田岬~青の洞窟~
人気の青の洞窟があるダイビングポイント。駐車スペースから器材を担ぎ、階段を下りてエントリー。壁面に開いた洞窟の中にはリュウキュウハタンポが群れている。
とくに梅雨が明け、水温が上がり始めると、スカシテンジクダイやキンメモドキの幼魚なども群れをつくり、
洞窟入り口から突き当りまで、群れの中を割って泳いで行く。
またツバメウオが群れる根は水深5m~30m近くに落ち込むドロップオフになっていて
ダイナミックな地形も楽しめる。

那覇市から車で国道58号を北へ約1時間
ショップから車で約20分~30分

崎本部~ゴリラチョップ~ -本部町-

沖縄本島のダイビングポイント:崎本部~ゴリラチョップ~
沖縄本島のダイビングポイント:崎本部~ゴリラチョップ~
沖縄本島のダイビングポイント:崎本部~ゴリラチョップ~
sakimotobu03.jpg
ビーチにそびえ立つゴリラチョップ型の岩が目印のダイビングポイント。
リーフ上はソフトコーラル、リーフ下には白砂が広がり、太陽の日差しが強い日には泳いでいる人の影が水底に綺麗に映る。

那覇市から車で高速道路『許田I.C』まで約45分
その国道58号を北へ約50分
ショップから車で約1時間45分

コース内容

午前 午後
8:30 13:00:

ダイビングポイント到着

9:00 13:30

器材セット

9:30 14:00

1本目エントリー

 

休憩

【1ダイブの場合】
着替え
ログブック記入
解散

11:00 15:30

2本目エントリー

12:30 17:00

帰港

着替え

ログブック記入

解散(ホテルへお送り)

昼食後3ダイブ目可能    

※8:30/13:00のご集合が困難な場合は、お問い合わせください。

※天候や海況によって日程を変更させていただく場合もございますご了承ください

沖縄本島ビーチファンダイビングへの参加資格

  • 年齢13歳以上で健康状態が良好であること

※ 過去に耳の病気、呼吸器系、循環器系の病気にかかったことのある方は、医師の診断書が必要な場合もあります。お問合せください。
二日酔い、極度の寝不足、体調不良状態のお客様には、担当スタッフの判断によりコースへのご参加をお断りさせていただく場合もございます。

※ 未成年者の方は参加申込書に親権者の方のご署名が必要です。親権者の方が同行されない場合は、事前にご記入いただけるように、こちらから書類をお届けいたします。お問い合わせください。

ご準備いただくもの

  • Cカード、ログブック、ダイビング器材(フルレンタル器材3,500円)
  • 水着、バスタオル、ビーチサンダル

沖縄本島ビーチファンダイビングの料金

料金

2ビーチダイビング 10,000円(税別)
(ガイド/タンク/ウエイト/飲み物/送迎)

エクストラ1ビーチダイブ  5,000円(税別)
(追加でのダイビング)

送迎範囲

那覇市~恩納村にかけてのホテル

お申し込み

このページのコース名

『ビーチファンダイビング』

(まずはお分かりになる範囲で結構です)